【Get Rich or Die Tryin’】/ 50 Cent

世界で最も有名なラップ・アーティストの1人であり、日本でも社会現象を巻き起こした”Eminem”による伝記的映画『8mile』が上映されるのと同時期に、EminemをプロデュースしたDr.Dreにより見出されたニューヨークはクイーンズ区のラッパー50Centが華々しいデビューを飾ります。
メジャーデビュー前から、当時活躍していたラッパーを口撃する等、過激な言動が目立った彼は、7発にも及ぶ銃弾を打ち込まれ、病院に運び込まれるも、見事死の淵から生還しました。
衝撃的なデビューを飾った本作は、全米ビルボードチャートでも1位を獲得。アルバム全曲、ラジオで聞かない日は無いくらい、当時の音楽シーンを盛り上げました。
当時、日本でもキングギドラ、KICK THE CAN CREW、Rip Slyme等のラップグループがチャートを席巻。
そんな風潮も追い風となり、日本でもストリート系のお店に行けば、必ずと言って良い程、本作がリピート再生されていました。
歌詞の内容も、銃撃を受けるきっかけとなった、彼の大胆なラップ・スタイルは変わらず、「多くの人間が俺の死を望んでいる」「銃を撃った事も無いのにギャングスタぶるな」等、ハードコアな男達を中心に、厚い支持を受けました。
発売後、2、3年で同タイトルの映画を発表。映画ファンからも好評価を得て、彼は、映画舞台でも活躍する事となりました。
『金持ちになるか、死ぬまで戦い続ける』そうタイトルに掲げた、彼の意志が体現されたHipHop界の歴史に残る大傑作です。