ガンズのアルバム!!

80~90年代。

数多くの有名HR/HM(ハードロック/へヴィメタル)バンドを輩出した、

ロック黄金期と呼んでも過言ではない大きな時代です。

その中でも一際輝き、歴史に名を刻んだバンド、

「GUNS N´ ROSES」

(以下ガンズ)

バンドのフロントマンであるアクセルローズを筆頭に、

ライブやCDセールスで大きな爪痕を残してきたロックバンドです。

ここで紹介するのはガンズの記念すべきファーストアルバム、

「APPETITA FOR DESTRUCTION」

です。

1987年に発表した全12曲入りのアルバムなんですが、

ここでは2曲紹介します。

1曲目の「WELCOME TO THE JUNGLE」からいきなり持っていかれます。

イントロからかっこよすぎます。

最初から最後まで曲の構成が上手で飽きさせません。

ガンズの代表曲といって間違いないと思います。

次に注目したいのが6曲目の「PARDISE CITY」

サビ部分はメンバーのコーラスが歌いやすく、

ライブでも外せない1曲だとおもいます。

ヴォーカルのアクセルはクイーンが好きだったこともあるので、

サビ部分に少し影響出てるのかなと、個人的には思いました。

曲の最後には1分以上にも及ぶギターのピロピロソロがあります。

ですが曲の長さを感じさせません。

この現象はいい作品には付き物ですね。

ここでは2曲だけ紹介しましたが、他の収録曲もいいものばかりです。

是非聴いてみてください!!