懐かしのアニソン大行進!! Vol.2の「悲しみよこんにちは」は懐かしい

アニメは、日本が世界に誇る文化の一つでも有ります。そんなアニメの主題歌が、18曲も収録されているこのCDアルバムは、主に80年代にテレビ放映されたアニメの歌ばかりですがこの中でも一番印象に残る歌は、「悲しみよこんにちは」です。

めぞん一刻と言うアニメの主題歌で、周りの友人は観た事がある人が殆どなのですが、私は数回しか観ていないのです。当時、アイドルだった斉藤由貴さんが歌って、作曲は何と玉置浩二さんなので今考えてみると、豪華な組み合わせだったと思います。この歌のサビの部分は大変歌い易く、メロディーが印象的なのでこの歌を誰でも一度は何処かで聴いた事がある筈です。

忍者ハットリくん、パーマン、Dr.スランプアラレちゃん、キン肉マン等の、何方かと言うと子供向けのアニメを好んで観ていたので、シティハンターやタッチ、めぞん一刻等の、大人に近い年齢の主人公がテーマのアニメソングを知らないのです。

「懐かし」とタイトル通りに、全て懐かしい歌ばかりで当時の幼い頃の自分にタイムスリップした感覚が、このCDアルバムを聴いて居る間中続くので、最近では楽しみの一つとなっています。ひみつのアッコちゃんの作曲は小林亜聖さんと知り、驚きました。

小林さんは、1985年頃にレギュラー出演されていた「わくわく動物ランド」と言うクイズ番組で鋭い回答をされていたので、司会の関口宏さんも感心されていた記憶が有ります。シティーハンターのGetWindは、放映当時、運動会で必ずこの歌を使う小学校が多かったです。懐かしい歌ばかりです。