CDは買取価格を確認してから売ろう

もうかなり昔の話ですが、中古ショップでCDを売ったときのことです。
今思い出しても、悲しく少し涙が出てしまうような出来事でした。

持って行ったのは、高校生のときにハマっていたアニメ主題歌のCD数枚でした。正確な数は覚えていませんが、8枚くらいだったと思います。
とても大好きなアニメで曲も気に入っていましたが、色々と忙しくなってアニメや漫画から離れてしまい、いらなくなってしまったので売ってしまおうと思いました。
いくら売るとはいえ、好きだった曲のCDだったので、綺麗に元々入っていた袋に入れ、付いていた特典などもある限りは一緒に持って行きました。

枚数も少なかったので、時間はあまりかからないと言われ、店内で待ちました。10分ほどして呼ばれ、買取カウンターへ行きました。
「こちらの買取額になりますが、よろしいでしょうか?」と言われ、レシートを見ると、なんと100円!
「え!?初回特典なんかも一緒に持ってきたのに、こんなに安く買われるの?!」とちょっとショックでした。
あまりにも安い額に愕然とし、店員さんに持って帰ると言いました。査定後に持って帰る人があまりいないんでしょうね、店員さんは少し驚いた顔をしていました。
ですが、すぐにCDを持ってきてくれました。
そこでさらに、私は悲しい気持ちになりました。
丁寧に入れた袋が見るも無残に破かれていたのです。
査定を急いでくれたのはありがたいのですが、大切にしていたものだったのでショックでした。
もっとCDを丁寧に扱ってほしいと思いました。
でもよく考えてみると、店員さんは買取をキャンセルされることを前提としていなかったと思われるので仕方ないのかもしれません。

このCD買取事件によって、CDを売るときはあらかじめ買取価格を公開しているお店を選んで、買取をキャンセルすることのないようにした方がいいと学びました。
店舗買取だと高価買取商品しか値段がわからないことが多いので、ネット宅配買取業者がおすすめです。
http://cd買取比較.com/